「社会事業とファンドレイジング、就労準備過程利用者の状況変化の見える化ツール」をテーマに、有識者ヒアリングを開催しました。

資料はアイコンをクリックするとPDFでお読みいただけます。

ダイバーシティ就労研究プラットフォーム第6回有識者ヒアリングを2021年3月24日にオンライン形式で開催しました。鴨崎貴泰氏(日本ファンドレイジング協会常務理事)から、社会事業とファンドレイジング(寄付集め)について、高橋尚子氏(京都自立就労サポートセンター理事)から、就労準備過程利用者の状況変化の見える化ツールについて報告をいただき、意見交換を行いました。

第6回有識者ヒアリング議事次第

鴨崎貴泰氏資料

高橋尚子氏資料

第6回有識者ヒアリング議事要旨

PDFを参照するには、Acrobat Readerという無料で配布されているソフトをダウンロードしてください。